::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::メモ
前みたいにまた小説が書けたらなと思うのです。

肆) さみしい、かなしい、でもきみがいた
01. 乾いた肌に、やさしい雨
02. 振り払われるはずだった手
03. やすらぎをくれたね
04. 自分のために笑いなさいと
05. 夜明けの空はきみの色
日記  コメント(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 「聞こえていますか もうひとりのボク」 , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。