::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::其の世界に差し込んだ光は
暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫) 暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)
乙一 (2002/04)
幻冬舎

この商品の詳細を見る

読破しました。
ややや…やべぇって乙一さん!ひたすら切ない。
最後はそうきたかー!って思わせる展開に「あぁ乙一さんだな」って思った。良いです。好きだ。ただで終わらせないところが好きだ。
アキヒロもミチルも好きだぜ。俺は二人の幸せをひたすら願うぜ。
映像版も是非見たい。
好きだ。
私もこういう切なくて、すこしコメディでシリアスな暖かになる恋愛を文字で表現したいなぁ。
うん。よかった。
やっぱり私は白乙一さんが好き。
日記  コメント(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 「聞こえていますか もうひとりのボク」 , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。