::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::死人を慕う童謡
暗黒童話 (集英社文庫) 暗黒童話 (集英社文庫)
乙一 (2004/05/20)
集英社

この商品の詳細を見る


結局読破してた自分がいた…!
ホント驚いた。
「気がついたら読破してた」とか表現の一部じゃなくて、文字通りそうなんだもの。
結構厚めの本にも関わらず読んでしまいました。
表現は先ほど書いたとおりぐろかったですが、今回伏線の貼り様が半端なかった。やばいです。ミステリー大好きな方には超推す。

話の順番・語りもバラバラで、最初混乱気味だったのですが、伏線が全てをつなげてくれた。
あそこまで完璧にピタァっとつなげられるなんて…すばらしいの一言に尽きます。
私の書く文章はプロットもなく、本当に徒然なるままに書いてるんですよ。このブログで書かれる小説もどき然り、サイトの夢小説然り。
でもやはりプロは、何十倍も苦労と構想を重ね、プロットというものを完璧に作り、計算した上で全て書いているのだと思い知らされました。
乙一さんの場合、計算したという嫌さらしさをにおわせないからそこもすごいと思う。

課題に意気込みを入れようと見た映画ハチクロも個人的には不発に終わったし…、気がついたら読破してるし。
(やっぱりハチクロはマンガが一番よかった。マンガはとても泣けたもの)
何か乗り移ってるんじゃないかと思います、自分に。酷いなぁ。

ということで、課題します。
まだ真っ白☆



orz
日記  コメント(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 「聞こえていますか もうひとりのボク」 , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。