::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::職人の技に惹かれる(読む人を選ぶ記事)
学校へ行く前にぼやいておきたいこと。

天帝妖狐 (集英社文庫) 天帝妖狐 (集英社文庫)
乙一 (2001/07)
集英社

この商品の詳細を見る

先日、一人カラオケの際に諸事情で購入した本のひとつ。
以前から読んでみたいと思っていたので、結果論で言えば良いの一言に尽きますが…。
題を見たとき、それほどそそられるものでもなかったですし、後書き(といっても解説でしたが)読んでも「はぁ…」という感じだったのですが、やはり乙一さんはすごかったです。
個人的に「A MASKED BALL」は何度読み返しても楽しい。ドラマ化しても楽しそうですよね。好きです。
「天帝」の方も好きな話でした。昨日の夜から読み始めて、ついさっき読み終えたんです(その間食事をしたり睡眠を取ったりしてましたよ)ですが、読みたいという気持ちはずっとあって、すぐに読み終えてしまいました。
良いですね、乙一さん。私が乙一さんの作品を初めて手にしたのは今年の夏ですが、それからずっとファンです。
そこいらのマンガよりもずっと面白い。なんで今まで手にしなかったんだろうと悔やまれるぐらい惹きつける文面は、時間をも忘れてしまいます。
司馬遼や森見さんもそれぞれ違ったいい味のある方だと思いますが、乙一さんの文面は読んでいて疲れないですし、飽きないです。
うらやましい。私もいつか彼のような文面を書いてみたいです。
きっと楽しいんだろうなぁ。

手に職を付けてる人の作品や心意気、生き様はとても素敵だと思います。
魅入ってしまいますよね、どうしても。

ある時。ふと、学校へ行く前にテレビを見ていたらある番組に目を奪われました。
役所○司さんがMC?の「ガイア○夜明け」。テレ東番組のなので、こちら(新潟)では二周ほど遅れて放映されています。
NHKの「プロジェク○X」も好きでしたが、この番組もついつい見てしまう番組です。
知らないことを知れるのでとても興味があります。
職人やその作品に力を入れる人々の話。基本がんばる人の話って好きなのかも知れないなぁ、私。

あと、NHKの「美○ツボ」とか、やっていたら見てしまいます。
芸術関連の学校に通っているからだとか、それの類に興味があるからだとかあんまり関係なく、きっと私の中にある何かが飢えてそれらを見ようとしてしまうんでしょうね。
食欲や性欲と同じように、それらを欲している自分が確かにいる。
そう思ってしまいます。

特に課題最中だったりとか。

ふいに水族館や美術館、図書館へ行きたいとか思いませんか。
知らない物を発見したいとか、思いませんか。
私だけなんでしょうかね?

無我夢中で、何も考えずに筆を動かしたのは先日提出したコラージュの色塗り作業。
もっとも、その作品は課題違反してしまって、先生からお怒りを受けましたが(笑)←一週間の猶予をもらったのにもかかわらず、そのまま提出してしまったという。どんだけ愚行に走れば気が済むんだ俺orz

困りましたね。
でも、案外その困ったことを「本当に困ったこと」として受け止めてない自分がいて…、それも困ったことです。
情けないと思いますか。
でもそれら全部を削いで、常識人の仮面をかぶせたら俺は俺でなくなると思うのですよ。
私は私でなく、俺は俺でなく、もっとつまらない人間になってるんだと思うなぁ。

うーん。なんだかよく分からんことを書いてる…
すいません。
それでは学校へ行ってきます。
課題もがんばります。やっと課題の素材決まった…orz
ぼやき  コメント(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 「聞こえていますか もうひとりのボク」 , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。