::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::小説ぽつぽつ
5のお題(Vol.4)

01 Question
02 缶コーヒー
03 学食を2人で
04 学ラン
05 Answer
02:


ガコン。

指定されたコインを数だけ入れて、音を立てて出てきたのは

『缶コーヒー』

いつもなら飲まない。
ブラック。無糖。
飲めない。

正直、匂いと味が駄目なのだ。
ココアや紅茶はまだしも、コーヒーだけは慣れない。

子ども。

そう言われても仕方ないと思う。
お酒だってそうだ。
ビールは苦手。同じ分だけのアルコールが入っているのなら、飲むならカクテルだ。
それか、日本酒。

苦みは、あまり好きではない。

はじける金属音は、缶ならではの音で
何処か、懐かしさを感じた。

「…あー、苦」

当たり前。無糖だもん。

“あの人”はいつもこんな味のものを飲んでるのか。

そう思うと、やっぱり“あの人”は大人なんだなって思う。
さっき、懐かしく思ったのも…あの人を感じて?

ヤだな、私。



舌に残る後味がまた

「苦い」





≫慣れない味と、伝えられないこの想いと、あの人を重ねながら
小説もどき  コメント(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 「聞こえていますか もうひとりのボク」 , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。